グラフィックアーツ科
スマートフォン版グラフィックアーツ科

グラフィックアーツ科の特徴

グラフィックアーツ生徒の様子

グラフィックアーツ科では、印刷について学びます。 企画→原稿制作→印刷版作成→印刷→製本などの仕上げという、印刷物制作の各工程の理論・技術・材料などについて学びます。原稿制作では写真撮影、イラスト作成や記事の入力とそれらの誌面レイアウトに欠かせない、カメラやパソコンの操作方法についても基礎から学習します。
3年生からは、DTPコースと写真コースに分かれ、より専門的な内容を学びます。
実習棟にはいつも笑顔が溢れ、生徒がお互いに刺激し合い、センスを磨いています。

授業内容

印刷実習の様子
印刷

印刷の基本から業界の最先端まで、印刷に関する幅広い知識や歴史を学びます。実習ではインキを練ったり、色んな手段で紙に刷ったり、色をチェックしたりと、現場でも使われている技術を学習します。

DTP実習の様子
DTP

広告や雑誌を制作する際に実際に現場でも使われているIllustratorやPhotoshopなどを使って、ソフトの操作法やレイアウトの技法などを学習します。

写真実習の様子
写真

デジタル一眼レフカメラを用いて写真撮影の基本から目を引く構図の決め方、さらには撮影した写真を加工する技術まで幅広く学習します。

地域連携の様子
連携

学校で学習した成果を活かして、地域や大学、企業との連携に取り組んでいます。この活動を通じて学習の成果を披露するだけでなく、地域の活性化にも貢献しています。

コース選択について

グラフィックアーツ科では、1、2年生は全員で共通の授業を受け、3年生からはそれぞれのコースに分かれて学習します。

コース選択についての図解
DTPコース
DTP分野で近年急激に進むデジタル化に対応できるように、全般的な知識をベースにした上で、プリプレス(製版)分野での、技術能力を深めていくことを目的としています。
レイアウトや書体、図版などによる効果や製版作業、コンピュータを使用したフォトレタッチやレイアウトについて学習し、グラフィックアーツの専門的なノウハウを持った技術者を目指します。
写真コース
モノクロ写真、カラー写真、写真製版、デジタルデータに関する基礎的な知識を踏まえ、実践的な技術を習得し、実際に活用する能力と写真分野の知識を身につけることを目的としています。
プリプレスについても理解を深めて、一連の流れを理解し、写真技術の向上とトータルな知識の習得を目指します。

カリキュラム

1年生
工業教科科目
  • グラフィック工学
  • 写真技術
  • 情報技術基礎
2年生
工業教科科目
  • グラフィック工学
  • 色彩学
  • DTP技術
3年生
共通工業教科科目
  • コンピューターシステム技術
DTP科目
  • DTP技術応用
写真科目
  • 写真技術応用

グラフィックアーツ科の詳しいカリキュラム(PDF)