デザイン科
スマートフォン版デザイン科

デザイン科の特徴

デザイン科の様子

日頃、私達が目にしている街中の看板・ポスターやTVコマーシャル、そして生活するために使っている乗り物や色々な道具・おもちゃ等幅広くデザインするための基礎・基本を学びます。 そして、3年間学んだことを活かした卒業制作展を、栄の愛知芸術文化センターの8階・愛知県美術館で毎年行っています。
個性豊かな生徒が多く、お互いを理解しようと努めているので楽しく、また実習では妥協を許さない厳しさがあります。

授業内容

平面実習の様子
実習(平面)

平面構成、色彩構成等、絵の具を使った作品制作をします。

コンピュータ実習の様子
コンピュータ実習

画像編集ソフトを使い、デジタル作品を制作します。

立体実習の様子
実習(立体)

粘土を使ったモデリング後の石膏どりの様子です。立体の実習の中では、粘土にかぎらず、金属・木材・プラスチック等を使い、立体作品制作をします。

卒業制作展の様子
卒業制作展

卒業制作では、工芸高校デザイン科では2か月ほどの話し合いをして、生徒が「テーマ」等を決めます。その後、「テーマ」それにあわせ作品を考え、制作を進めます。

コース選択について

デザイン科では、1年生は全員で共通の授業を受け、2年生からはそれぞれのコースに分かれて学習します。

コース選択についての図解
デザインコース
多様化するデザインの分野に対応できるデザイナーの育成を計ります。実習を中心に「デザイン技術」・「デザイン材料」・「デザイン史」の関連づけを強く意識して、必修科目で学んだ基礎・基本をふまえた上で、就職希望先の専門性にあわせた学習を行います。
国公立芸術コース
国公立芸術系大学への進学を希望する将来のアーティストの育成を図ります。学習面ではセンター試験対応、素描・構成を通して表現能力を高める学習を行います。卒業後の進路としては、国公立芸術系大学を目指し、より高度な学習をします。

カリキュラム

1年生
工業教科科目
  • デザイン技術
  • デザイン史
  • 情報技術基礎
2年生
共通工業教科科目
  • デザイン技術
デザイン科目
  • 実習
国公立芸術科目
  • 古典A
  • 素描
3年生
共通工業教科科目
  • 構成
デザイン科目
  • デザイン材料
  • デザイン技術
国公立芸術科目
  • 素描

デザイン科の詳しいカリキュラム(PDF)