災害時の諸注意
スマートフォン版災害時の諸注意

災害時の諸注意

暴風警報や暴風雪警報が発令された場合は以下に基づいて行動する。

  1. 名古屋市に警報が発表された場合
    1. 午前6時までに警報が解除されない時は午前中の授業への登校を禁止する。
    2. 午前6時から午前11時までの間に警報が解除された時は午後の授業に合わせて登校する。
    3. 午前11時を過ぎても警報が解除されない時は当日の登校は禁止する。
  2. 名古屋市に警報が発表されていない場合で、生徒の居住地や登校経路に警報が発表された場合
    1. 午前6時までに警報が解除されない時は午前中の授業への登校を禁止する。
    2. 午前6時から午前11時までの間に警報が解除された時は午後の授業に合わせて登校する。
    3. 午前11時を過ぎても警報が解除されない時は当日の登校は禁止する。

※ 暴風警報以外の警報あるいは注意報が発令されている場合は、途上の安全を確かめて登校する。

※ 登校困難な場合はその旨をすみやかに学校に連絡する。

火災発生時の注意点

  1. 在校中に火災の発生が通報された場合はその指示に従い次の事項を守りすみやかに行動する。なお平常時に自分の任務、退避経路などは熟知しておくこと。
    1. 出火場所を知り、あわてずに沈着に行動する。
    2. 火を使用の時は、まず火の始末をする。
    3. 押し合わず退避する。火急の場合は救助袋を利用する。
    4. 消火・搬出などの任務のある者は指示によって任務につく。
    5. 煙にまかれないように注意し、姿勢を低くし、口を布で覆う。
    6. 身の安全には各自が十分に注意する。
  2. 校内で火災を発見し、又は出火させた場合は大声で皆(職員)に知らせ初期防火に努める。

地震発生時の注意

  1. 在校中に地震が発生した場合は次の事項を守り行動する。
    1. 火を使用の時は、まず火の始末をする。
    2. 口を閉じ、机などの丈夫な物の下に身をかくし指示を待つ。あわてて外に飛び出さない。
    3. 実習服・体操衣・座布団・上衣・鞄などの身のまわりの適当なもので頭をおおう。
    4. 指示により敏速に避難する。
    5. 消火・救助などの任務のある者は指示によって任務につく。
    6. 指示・情報・状況などをよく把握し適切な行動をとる。
  2. 登下校中においては次の点に注意する。
    1. 塀石垣・がけ・高圧電線などの危険物に近寄らない。
    2. ガソリンスタンド・ガスタンク・自動車など引火爆発のおそれのあるものに近寄らない。
    3. 落下物に注意する。できれば適当なもので頭をおおう。
    4. 安全な場所に避難する。
    5. 状況などをよく把握し各自適切な行動をとる。

東海地震に関する緊急時の対応

  1. 東海地震に関連する調査情報が発表された場合、今後の情報の発表に注意し、平常の授業を行う。
  2. 東海地震注意情報が発表された場合
    1. 在校中に発表(発令)された時
      1. 授業等の教育活動を打ち切り、帰宅経路の安全を確認した上で帰宅する。
        帰宅する場合には、あらかじめ届け出た帰宅方法及び経路とする。
      2. 安全に帰宅できない場合は校内に待機し、保護者等の引き渡しまでの間は学校で過ごす。
      3. 翌日以降、臨時休業日とし、5の措置とする。
    2. 登下校途中に発表(発令)された時
      1. 登校中に発表(発令)された時は、そのまま帰宅する。登校した場合は直ちに上記1のような措置とする。
      2. 下校中に発表(発令)された時は、そのまま下校し、翌日以降、臨時休業日とし、5の措置とする。
    3. 在宅時に発表(発令)された時
      • 自宅待機とし、生徒は翌日以降、臨時休業日とし、5の措置とする。
    4. 校外見学の時に発表(発令)された時
      • 出発前か解散後に、発表(発令)された時は、上記1-3のような措置とする。
  3. 東海地震予知情報(警戒宣言)が発表された場合
    • 対応は「2東海地震注意報」に準ずる。
    • 警戒宣言発令時は、交通機関が運行中止になるため、徒歩での帰宅となる。安全に帰宅できない場合は、校内に待機し、保護者等の引き渡しまでの間は学校で過ごす。
  4. 発表(発令)以降に大規模地震関連情報として「東海地震の発生の恐れはない」という内容が発表された場合は、5の措置とする。
  5. 注意情報・予知情報(警戒宣言)が解除された場合
    1. 午前6時までに解除された場合は平常通りの授業を行う。
    2. 午前6時以降午前11時までに解除された場合は午後の授業を行う。
    3. 午前11時を過ぎてから解除された場合は当日の授業を中止する。
  6. 東海地震が発生した場合
    1. 地震が発生した場合は学校から連絡があるまでの間、臨時休業日とする。
    2. 東海地震等大規模な地震が発生した場合は、学校へ被災状況を連絡する。その際は、災害用伝言ダイアルを使用する。